天然コケッコー

先日、お友達と天然コケッコーを見に行ってきました。

a0098058_1949969.jpg

のどかないなか町。そらちゃんの学校は、小学校と中学校あわせて6人の小さな分校。
中学生は、いっこ下のあっちゃんと伊吹ちゃん。
小学生は、弟の浩太郎、かっちゃん、かわいい1年生のさっちゃん。

ある日、東京から大沢広海くんが転校してきます。
そらちゃんにとっての初めての同級生。
ちょっとイケメンさん。

はじめは大沢くんを気に入らなかったそらちゃんもだんだん気になりだして・・・・


とってもかわいいお話し。みんな愛おしい。1つ1つが丁寧に綴られています。
7人揃って、遊びに行ったり、登校したり、町のみんなが知り合いで
ほのぼの、あったか~い、優しい気持ちになれます。
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-31 19:48 | おでかけ

中欧への旅 ~あとがき~

とってもとっても楽しかった旅行。
その1つのパスポートのハンコ。

ですが、EU内をバスや電車で移動だったため、日本の出入国・チェコの入国・ハンガリーの出入国のみでした。ちょっと残念。
やっぱり行ったのよ~って、後からわかるように、押して欲しいのは私だけかしら?


a0098058_1784832.jpg記念に集めたマグネットたち。見るたびに思い出します。
写真左上から時計回りに、ハンガリー、ハンガリー、オーストリア、プラハ(チェコ)。
オーストリアのは、モーツァルトです。


a0098058_18482875.jpgこちらはその他の戦利品?!左上から、リース、プラハで買ったワンコの置物、ハンガリー刺しゅうの敷物と針刺し。リースはハンガリーで買いました。Christmasぽっくて、いい感じ。



a0098058_18532668.jpgこのワンコの置物。かわいいです。中に子犬が入っています。
ちょこんとママワンコの足元に入れてみました♪














最終日、出発まで時間があったので、漁夫の砦や近くの教会までお散歩。
ちょうど、結婚式の準備中でした。
ピンクのドレスを着た女の子たちやタキシードの男の子。
か、かわいーーーっ!
と眺めていたところ、来客と思われる女このにカメラを向けられました。
東洋人が珍しかったのかな?にっこり笑う私。
素敵な結婚式の思い出の1枚に、私もちょっと仲間入りしていると思うと
嬉しいな♪゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

また、行きたいなぁ♪

感謝の気持ち
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-27 18:55 | Trip

中欧への旅 ~ハンガリー編 その2~ 追記

ハンガリー到着後、夕食後、ドナウ川ナイトクルーズへ!

涼しい夜風に吹かれながら、ライトアップされたブタペストの街を眺めながら
ゆっくりクルージング。ドナウ川には多くの橋がかかっています。中でも有名なのが、
くさり橋など。それらの橋をくぐりぬけ、添乗員さんイチオシのクルーズ、本当にとってもキレイでした。

翌日は、世界遺産都市ブタペスト観光へ。

ブタペストはドナウ川をはさんで、平地のペスト地区と丘や谷のあるブダ地区に分けられています。くさり橋を通って、両地区を行き来できます。ブタ地区には、王宮の丘<中央にドームを持つ王宮(現国立美術館)>、マーチャーシュ教会漁夫の砦(写真)があります。


ペスト側には国会議事堂英雄広場聖イチシュトバーン大聖堂(写真)を見学。
St.イチシュトバーン大聖堂には、
EGO SUM VIA VERITAS ET VITA
(私は道<VIA>であり、真理<VERITAS>であり、命<VITA>である)と書いてありました。
そして、その高さは96m。この96mは重要な数字で、国会議事堂も96mだそうです。
~追記~
96mは、マジャール人を率いたアールパードがこの地を制覇した896年にちなんでいます。イシュトバーンとは、ハンガリーの初代国王です。
~ここまで~


昼食は、ハンガリー名物のグヤーシュ。とってもおいしくて、おうちでもチャレンジしました。元は、平原で食べる遊牧民の食べ物だったとか。グヤーシュにかかせないパプリカ。実は、ヨーロッパ原産ではく、アメリカから入ってきたものだとか。

ハンガリーの地下鉄は古く、ロンドン、NYについで古いとか。実際には乗っていませんが
とってもかわいらしい地下鉄みたい!

ハンガリー人で有名なのが、「ピアノコンチェルト」作曲したリスト
授業も無料で行い、「私は頭のてっぺんから足の先までハンガリー人」の言葉を
のこすほど、ハンガリーを愛した人です。

ハンガリーの名物といえば、もう1つ貴腐ワインのトカイワイン
琥珀色をした美味しいワイン。お店で必ずオーダーしておりました。お土産にも買ったのですが、味がなんとなく違う。やはりグレードが低いものを買ったせいか・・・炭酸水で割って飲んでもおいしい!の言葉を思い出し、割って飲んでみたところ・・・
Good taste!なお味に大変身。もうちょっと大きいボトルを買っておけばよかったと後悔したのでした。

その日の午後は
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-27 17:48 | Trip

おいしいものDay!

昨日は、わいわい市へ。お野菜や果物を買い、にっこり満足。
いくだけで、なんだかわくわくしちゃうところです。
試食させていただいたデラウェアを買いました。


a0098058_19121853.jpg甘くておいしい。
大事に大事に、袋に入れるおじさん。
「そっと扱ってあげないとね、粒がとれちゃうだよ」とのこと。
ほんと、優しく扱わないと、ポロポロ落ちてくる甘い粒。
それをいいことにつまみぐいのワタシ(^∀^;)

昼食は、権八へ。味噌カツ豚定食。
お店であったお客さんの一人、湘南台からバスで来ようと思ったけれど、タクシーで来たとのこと。大人気ですね、権八さん!

そして、ポークホープへ。
前に買ったお豆腐ハンバーグとカレー用肩ロースを。

むむむ、これって、行ったわいわい市ツアーと一緒の行程だわにしてしまいました。

そして、夕食は、お野菜とお肉を使って、夏野菜のカレーを作りました。

今日は心もお腹もニコニコの一日でした♪

気になること
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-25 19:13 | おいしいもの@ごはん

小さな贅沢

わたしの小さな贅沢の1つは、できるだけ、毎日お花を絶やさないようにすること。
おうちをお花彩り(お花かざり)することです。

今月は、旅行や帰省で家をあけることが多かったので、この頃は飾れてませんでした。
そして、悲しいかな、この暑さのせいで、お花もちがあまりよくありません。

そして、いいなぁと思うお花にも出会うこともなく、ここ数日が過ぎ・・・

久しぶりにお気に入りのお花屋さんを覗くと、いました!かわいい花が!

a0098058_18302815.jpgクルクマの一種でしょうか?
淡いピンクがなんとも涼しげです。
ちょっとお花があるだけで、
おうちが柔らかい感じがします。

花材:クルクマ(たぶん)
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-25 18:32 | お花

中欧への旅 ~ハンガリー編 その1~

スロヴァキアを後に向かったのは、ハンガリー
今回の旅行の最終訪問地です。
あっというまに、最終訪問国。


ハンガリーの国旗の色は横縞の3色。上から、
それぞれ意味あって、
赤は、国の為に犠牲になった方の血<革命>
白は、清らかな心<純潔>
緑は、将来への希望<希望>
を象徴しています。

国旗に表れている通り、ハンガリーは、波乱の歴史を歩いてきました。
15Cにマーチャンシュー王によって、繁栄するも、1867年オーストリア・ハンガリー帝国となり、オーストリアとハンガリーの二重支配国家となりました。また、大戦後は共産化が進み、社会主義が厳しくなりました。1950年代にはソ連に対してハンガリー動乱が蜂起するも、ソ連軍により鎮圧されました。18年前(1989年)、共産圏から分離しました。このことが、ベルリンの壁の崩壊・東西ドイツ統一・ソ連崩壊の流れを生むきっかけとなったのでした。

ハンガリーの文化はハンガリーとアジアが混ざった文化であり、
言語もどこにも属さない独特の言語です。

ハンガリー語のあいさつ
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-22 21:18 | Trip

marimekkoな気分

たいたいさんのBlogを見ていたら、いてもたってもいられなくなって・・・
いざ、クウィーンズイーストへ。おめあては、marimekko


a0098058_1836346.jpg早速、作ってみました!≠作ってもらいました(^∀^;ゞ
母に作り方を教わっていたつもりが、手伝いになり、最終的にはやっていただきました。
母上様、どうもありがとう!

お部屋にそぐわない!と思っていたクッション。
生まれ変わって、お部屋にぴったり!(たぶん)
小さなクッションも、あわせて無地で作りました。

一緒に連れてきたのは
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-20 18:37 | 手作り@布モノ

はつもの。

フルーツが大好きなわたし。
苺に桃に、ぶどうに、メロンに、スイカに、きりがありません!

a0098058_20591744.jpgスーパーで見つけた、梨、幸水。
はつものです。
ちょっと高めだったけど・・・
ガマンできずに、お買い上げ。
季節ものだから、イイノダ。
瑞々しくて、おいしかったです。


もう、秋刀魚が出てますねぇ。
猛暑な夏だけど、秋が近づいてるんですね。
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-18 20:59 | おいしいもの@おかし

中欧への旅 ~スロヴァキア編~

ウィーンを後に、スロヴァキアは、首都Bratisrava ブラチスラバへ。

スロヴァキアは、14年前にチェコと分離したまだ新しい国。

周りをハンガリー・オーストリア・クロアチア・ポーランド・チェコに囲まれています。

16~18Cにハンガリー帝国の首都として栄えた旧市街地を見学。
旧市街の中心には、各国の大使館も集まっています。日本大使館もありました。広場をはさんだ前には、フランスの大使館。その前には、ベンチにもたれるナポレオンが!なんともフランスらしい粋なはからい。もちろん、記念撮影してきました!

Dóm sv. Martina (St.マルティン教会)を見学。
ブラチスラバの重要な教会です。
14C初めから約 200年間かけて建てられまいした。ハンガリー王の戴冠式も19回行われ、1741年には、若干24歳のマリア・テレジアの戴冠式もこの教会で行われました。


4本の塔が印象深いBratislavský hra(ブラチスラバ城)。「ひっくり返ったテーブル」の愛称もあり、地元の人々に親しまれています。18C後半、マリア・テレジアが宮殿とし、ハンガリー帝国王と結婚した娘、クリスティーナが住んでいました。しかし、1811年に焼失。その後、150年経って、ようやく修復(1945-68年)が完成しました。

スロバキアには日本にゆかりの深い方がいます。それは、フィグラ神父様
1930年スロバキアで生まれた彼は、日本に渡り、60年以上、宣教師として活動なさり、代2次世界大戦中も日本にいらしたそうです。戦後、サレジオ学園、日向学園、育英学園などを設立し、2001年、97歳で日本の地で天に召されました。

スロヴァキア語のあいさつ
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-17 12:08 | Trip

中欧への旅 ~ウィーン編~

そろそろ更新をスピードアップしないと、どんどん記憶が遠のくのを感じています。

それと、写真のup。なんとかなりそうな感じです。なんと実家にスキャナー付きプリンターが!
今度行ったときに、スキャンしてこようと思っています。

今日、ペルーであった地震の影響で、湘南地方にも明朝、津波がくると、市内放送がありました。現地も津波も心配です。これ以上、被害が大きくなりませんように・・・

さてさて、ザルツブルグを後に、次に向かったのは”音楽の都 ウィーン
夜毎、いたるところで、コンサートやオペラが開催されています。

着いた日の夜、シェーンブルン宮殿で行われたコンサートへ。
宮殿内で行われるコンサートにドキドキ。
もっと敷居の高いものかと思っていたら、モーツァルトの曲を中心に
オーケストラ・オペラ・コミカルな場面も。
最後は、ヨハン・シュトラウス作ラデツキー行進曲
観客のみんなで手拍子で指揮。
とっても楽しい音楽の一夜となりました。

チケットのお値段は39€。日本円で言うと、6000円くらい。
実際に見た日のレートでいうと、5000円くらいだったかも。
日本のクラシックのコンサートに比べると、断然安い。
アーティストのコンサートより、格段安い!
音楽が生活に溶け込んでいて、気軽に行くという感じを受けました。

ウィーンはハプスブルグ家によって繁栄し、
芸術に深く思い入れがありました。モーツァルトもその恩恵を受けた1人です。
昨夜、訪れたシェーンブルン宮殿もその象徴。
ハプスグルグ家の夏の宮殿でした。
シェーンブルンとはラテン語で「美しい眺め」の意味。
宮殿内も美しく、また美しい庭園もウィーンの見どこの1つです。
↑パノラマ動画が見れます!
今度行くときは、庭園の奥まで行って、存分に庭園を満喫したいと思います。

ウィーン市内には、現存する世界最古のシェーンブルン動物園も。
創立者は、マリア=テレジアの夫君、皇帝フランツ=シュテファン・フォン・ロートリンゲン。


オペラ座の内の観光は、残念ながらできませんでした。
というのも、6月から8月の間は世界三大オペラ座の1つ国立オペラ座も夏休み。
とはいえ9月から5月までは、一日もお休みすることなく、また2日連続して、同じ演目を演奏することなく、オペラやコンサートが開かれます。
驚いたことに、一番安い立ち見の席で、2000円から見られるとか!

そして、バロック調の庭園が広がるベルベデーテ庭園や世界遺産の旧市街を見学。

そして、午後の観光・・・の前に、やるべきことが!
そう、ウィーンときたら、Cafe,Cafe,Cafe!!!
1680年頃、ウィーンに初めてCafeができました。その後、18Cに盛況し、
著名な芸術家たちも、そこでコンサートなどを開いたそうです。

Cafe Demelやザッハトルテで有名なSACHER(ザッハー)もよかったけど
ペガサスな私の直感で、Cafe Mozartで、昼食をとりました。
これが当たり!
ローストビーフのサンドイッチもさることながら、メランジェ(ウィーンでもっともよく飲まれていて、コーヒーに泡立てたミルクを入れたもの。)がおいしかったです。

午後は、ウィーンの森の半日観光へ。

ウィーンの森は・・・
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-16 22:45 | Trip