中欧への旅 ~ハンガリー編 その2~ 追記

ハンガリー到着後、夕食後、ドナウ川ナイトクルーズへ!

涼しい夜風に吹かれながら、ライトアップされたブタペストの街を眺めながら
ゆっくりクルージング。ドナウ川には多くの橋がかかっています。中でも有名なのが、
くさり橋など。それらの橋をくぐりぬけ、添乗員さんイチオシのクルーズ、本当にとってもキレイでした。

翌日は、世界遺産都市ブタペスト観光へ。

ブタペストはドナウ川をはさんで、平地のペスト地区と丘や谷のあるブダ地区に分けられています。くさり橋を通って、両地区を行き来できます。ブタ地区には、王宮の丘<中央にドームを持つ王宮(現国立美術館)>、マーチャーシュ教会漁夫の砦(写真)があります。


ペスト側には国会議事堂英雄広場聖イチシュトバーン大聖堂(写真)を見学。
St.イチシュトバーン大聖堂には、
EGO SUM VIA VERITAS ET VITA
(私は道<VIA>であり、真理<VERITAS>であり、命<VITA>である)と書いてありました。
そして、その高さは96m。この96mは重要な数字で、国会議事堂も96mだそうです。
~追記~
96mは、マジャール人を率いたアールパードがこの地を制覇した896年にちなんでいます。イシュトバーンとは、ハンガリーの初代国王です。
~ここまで~


昼食は、ハンガリー名物のグヤーシュ。とってもおいしくて、おうちでもチャレンジしました。元は、平原で食べる遊牧民の食べ物だったとか。グヤーシュにかかせないパプリカ。実は、ヨーロッパ原産ではく、アメリカから入ってきたものだとか。

ハンガリーの地下鉄は古く、ロンドン、NYについで古いとか。実際には乗っていませんが
とってもかわいらしい地下鉄みたい!

ハンガリー人で有名なのが、「ピアノコンチェルト」作曲したリスト
授業も無料で行い、「私は頭のてっぺんから足の先までハンガリー人」の言葉を
のこすほど、ハンガリーを愛した人です。

ハンガリーの名物といえば、もう1つ貴腐ワインのトカイワイン
琥珀色をした美味しいワイン。お店で必ずオーダーしておりました。お土産にも買ったのですが、味がなんとなく違う。やはりグレードが低いものを買ったせいか・・・炭酸水で割って飲んでもおいしい!の言葉を思い出し、割って飲んでみたところ・・・
Good taste!なお味に大変身。もうちょっと大きいボトルを買っておけばよかったと後悔したのでした。




 「ドナウの曲がり角」を意味するドナウベンド地方へ!
ドナウベンド(曲がり角)を見下ろせる丘に立つと、その名の通り、ドナウ川がグイっと曲がっています。ドナウ川の向こう側は、スロヴァキアです。

そしてSETENZTRADE(センテンドレ)へ。
行く途中に、電柱の上に何かの巣が!鳥が2羽、います。
なんと!こうのとりの巣
大人と思っていた2羽は、赤ちゃんだとか。
よく見る光景らしく、リンツのHPは、こうのとりの巣のLIVE中継をしているそう。
また、こちらには、こうのとりの専門病院もあり、見学もできるそうです。

珍しいものを見れて、よかったです。写真に撮れなかったのが残念でなりません。
[PR]

by mk_pooh | 2007-08-27 17:48 | Trip